否定してばかりの注意の仕方

社員教育で能力を伸ばすために大切なポイント

社員教育を通じて業務に必要な事柄を学ばせる企業は多くありますが、一人ひとりの社員の能力を伸ばすために、教育の担当者は注意の仕方について気をつけることが大切です。特に、否定してばかりの注意の仕方は、部下の仕事に対するモチベーションの低下につながったり、上司への反発を生んだりすることがあります。そこで、社員の成長を把握するために、こまめに社員教育の評価を行うことや、それぞれの社員にヒアリングをすることが大切です。また、前もって職場内で教育を担当する先輩社員を対象とした研修会を行ったり、一人ひとりの社員の年齢や職種、経歴などに応じて教育プログラムを作成したりすることで、教育効果を高めることが可能です。

社員教育で適切な指導を行うには

社員教育に力を入れている企業の中には、OJTやeラーニングなど様々な方法の研修を導入することで、新人や中途採用者への手厚いサポートを行うところが目立ちます。最近では、社員教育で適切な指導を行うために、人事担当者が率先してそれぞれの部署の管理職を対象とした勉強会やミーティングを実施している企業も増えています。なお、一人ひとりの社員の仕事へのやる気を引き出すためには、研修のテーマの選び方や、研修の期間の長さなどにこだわることが大切です。そこで、社員の経験や役職、能力などに合った研修の計画を立てるにあたり、同業他社の間で採用されることの多い研修のテーマやプログラムについて把握をしておくと良いでしょう。